夢の国のダークマター

想定愚痴問答
  • 政治はおよそ本分とは無関係なスキャンダルや不祥事ばかりに時間を費やしている
  • ただの知名度人気投票とかアイドルの選挙かな
  • いやー酷いね酷いよ
  • いやいやマスコミはもっと醜い
  • 政治の最も酷い部分に焦点を絞って煮詰めている
  • もっと他に報道すべき内容があるであろう
誰が悪いんだ

こんなご意見はごもっともだ。たしかにそうだし多分それであっている。彼らを責めていれば気分も悪くない。

しかし、考えるまでもなく彼らを一方的に責めるのもおかしな話だということもわかる。議員ならば我々国民が選んだ人物や勢力だし、マスコミ各社で働く人々は少なくとも同じ人間のはずである。

しかも、概ね偏差値上位の大学を卒業した優秀な皆さんに政治や報道をおまかせしているわけだ。選挙や入社選考による「そこそこ偏った」バイアスのお陰で、世間一般より優れた人材が割り当てられている。そんな彼らは国民の全体平均よりかなり優れた集合だと言っていい。

我々よりも優秀な彼らに対して更に「もう少しマトモであれ」という要求は既に「高望み」としか言いようがない。

残念ながら目を覆いたいこの政治と報道の現状は、すでに我々「日本人」でできる精一杯の水準なのだ。「人類」と言ってもいい。これ以上優秀な人材は集めようがないと言えば少し大げさかもしれないが、はっきり言ってこれ以上どうしようもないのは事実だ。

私達は何も悪くないのか

すなわち、どんなに失言や失態を繰り返す政治家がいようが、どんなに質が悪く問題のある報道がなされようが、日本の全体平均より優秀なはずの連中で「この有様だ」という認識を持つべきだろう。

もっとフェアな言い方をすれば、所詮「私達」はこの程度なのだ。

「私達?いやいやそんなことはない。アイツやアイツラが特別に悪いに決まっている。俺のまわりにもあんな酷いやつはいない。」それは確かにそうかもしれない。

実際そうだとしても、標本の中に必ずそういう輩が一定数、もしくは大部分が紛れこむとはどういうことかを考える必要がある。またはそのように変質してしまうのは何故なのかを考える必要がある。

憤慨したい事案や問題は数限りないので毎日ウンザリするのは仕方ない。だがもう少し足元を見る必要がある。常に政治と報道は我々国民自身の姿勢がダイレクトに反映されている事を忘れてはならない。

政治家もマスコミも国民の写し鏡でしかない

簡単に言えば、「政治家は選挙に対して適応しているだけだし、マスコミは現在のビジネス環境に適応しているだけだ」ということになる。

もう少し噛み砕けば、それぞれ主義や主張やプライドはあるにしても、政治家は選挙に勝てなきゃ意味がなく、マスコミも売上やPVや視聴率が悪ければ商売として成り立たない。

勝つために、数字を取るために彼らは何をやっているのか。

政治家側は理念や政策や法案や社会問題などを勉強して訴えかけても選挙で当選できないのなら、そんな努力は時間の無駄だ。もっと国民に対して「ウケ」の良い方法があるならそちらに飛び乗るだろう。その場合当然政治家として本来必要な能力や素養は無くなっていく。

マスコミ側も必要な政治課題や社会問題などを真面目に伝えるよりも、「不安」や「憤り」などの感情を煽ったほうが数字が取れるのであればそちらが優先される。地道に時間を掛けて足で稼ぐよりも、ネットで飛びついた情報を検証もせずに適当に流したほうが時間も金もお得ならそちらが優先される。そしてそんな報道を繰り返していればジャーナリズムとしての機能も能力も当然なくなっていく。

どうしてそんな安直で理念も正義も欠いたことになるのか。

私たちは「大事なこと」には元々あまり興味がない

それもこれも国民の側に理念や政策や法案などの真面目なことには「そもそもあまり興味がない」のだから仕方がない。彼ら政治や報道が何に適応しているかと言えば、我々国民に適応しているだけなのだ。

政治の本質からずれた「ウケ狙い」とジャーナリズムの本分から逸れた「ウケ狙い」に、安易に飛びついて、消費して、咀嚼しているのは我々なのだ。

ほんとうに必要なことは何か。そういった問からずれた「敵だ味方だ」と騒ぎ立てているだけの政治と報道に乗せられているのは我々なのだ。

当然、難しい政治課題を取り扱う能力や専門的な知識は我々国民にはない。何かを調査したりデータを精査したりできないし、世界の様々な国の制度や法律からヒントを得て自国に最適化するような芸当はできない。それは仕方ない。

我々は我々で毎日忙しいのは確かだ。そのための政治と行政のシステムがある。そのために憲法の通り彼らに信託しているし税金を払っている。

だからといって、我々は政治と報道に対して不真面目な態度でいいわけではない。品のない報道が常に数字を取るようでは茶番が終わることもなく、悲惨な末路しか無い。

「大事なこと」では数字も取れず、選挙で勝てない、というのならわざわざ取り扱う意味が無い。取り扱われなければ問題が存在しないも同然になる。問題の存在自体が認識されないのであればその社会は既に死んでいるか死んでいゆく。

面倒で難しくて逃げ道もなく、自分の耳が痛いことが多い。大部分が損をするような政策が一番マシな選択肢になっていることもあるだろう。だからと言って見ないふりをしていいはずがない。

国民的現実逃避

近年での具体例を出すなら社会保障や財政の問題だ。これらの自分自身とその子供や子孫に降りかかる目の前の問題ですら大して興味が無いのだ。もし興味があったとしても正面から向き合う気がそもそも我々には無い。

そんな国民や社会なら政治や報道が適切に運用されるはずもない。期待されている役割が既に違うのだ。本当に必要な政策や情報はもはや求められていない。今この瞬間に快楽に浸れる言説になびく。

犯人探しや増悪や嫉妬に取り憑かれた我々は、ただただ毎日誰かを攻撃することで溜飲を下げて満足している。

金と時間を湯水のように使う茶番劇

私達は何の足しにもならない茶番劇ほど喰らいつく。

言うまでもなく政治とマスコミの茶番劇(≒ウケ狙い)に乗せられていては時間と金の浪費でしかない。事実、国会も空転するし、質の低い質疑応答に終始するし、どこかの首長選挙は何回もやり直してる。これらはすべてウケばかりを狙ってやった結果だ。その時間と金は本来必要だったのかという検証もなされない。

どこを見渡しても「アイツが悪い」「コイツはズルい」「ソイツはこんなに下衆だったので、どんな奴なのかプライベートも含めて徹底的に暴くことにしました」こんな文脈の内容でごった返している。政治もマスコミも国民も常に自分以外の誰かを悪者にしていたい。犯人探しと愚か者探しで踊り明かしている。

憤慨する快楽

「憤慨」は大変便利な現実逃避だ。頭のいい人も悪い人も、平凡な人でも、毎日虐げられている人でも、知識不要で誰もが「正しさにコミットした」という快楽を享受できる。夢のコンテンツだ。

本当に重要なことから目を背けながらも、くだらない茶番に対して憤慨することで、自分の正義感がずっと肯定され続けるのだ。

野次馬根性だけで不祥事を糾弾し続けたほうが簡単に数字が取れてしまう。社会や国政で問題となっている点を丁寧に取り上げる至極真面目な番組や記事があったとしても、私達国民がついうっかりクリックするのも、ついチャンネルを合わせてしまうのも、リツート&いいねするのも、連日話題をさらうのは不倫や実のない不祥事の話題だったりするのだ。

本来、事実関係の整理で十分なはずなのに、延々と感情的に演出された情報を垂れ流している。もしくは事実関係の整理と称して、不要なまでの過剰な情報や推測や憶測を並べ立てる。その全てが炎上させるための燃料だ。

人を怒らせれば怒らすほどカネになる。そして我々はそんなことも大して理解していない。意味のある情報がほとんど含まれていないとも気づかない。一過性の感情だけが刺激されている。

花を踏んだやつを殺せ

SNSを見てもイヤというほどわかる。どれもこれもわかりやすくパッケージ化された感情がベースになっている。特にTwitterは2コマ型の明快で簡潔な内容が主体となるため、政治とは最悪の相性の良さを発揮する。この界隈ではコミュニケーションの手段やインフラが分断装置になっていて(※1)、それらのメッセージには事実誤認と嘘と嘲笑と憎しみで溢れている。

敵であれば全て悪人だとし、味方は全て善人だとする感情が広がっている。敵にはどんな暴言も許されるような状況だ。

社会に必要なことが何なのかが主題になるべきだろう。

「敵だ味方だ」「馬鹿だマヌケだ」と国民自身が政治の本質に興味がなければ、当然報道のレベルは低くなる。報道が率先して感情面での犯人探しをすることになる。それしか国民は望んでいないのだから仕方がない。選挙は理念や政策とは無関係なただの好き嫌いや人気投票になるのは必然だ。

今起きていることに何の不思議な事がない。

人々は何を望んでいるのか

マスコミ側はPVや視聴率といった形で瞬時に結果として現れるため、国民の嗜好がよりダイレクトに反映されている。すなわち、大変にありがたいことに彼らは我々の知能レベルにピッタリで、私達国民が見たいものを見せてくれているにすぎない。

乱暴に言えば、愚かな国民に好かれるために、一生懸命程度の低い政治と報道がなされていることになる。

逆から言えば、真面目に程度の高いことをやったところで報われないのだ。誰も興味が無いのだ。見ないのだ。儲からないし当選しないのだ。

もうガチャを引いてもガラクタしかないのか

政治家の間で不適切な言動やスキャンダルがオールシーズンで発生するのも、偏向報道や事実誤認や見識のかけらもない報道が常時発生するのも、彼らに基礎的な素養すら備わっていないからだが、ソイツが特別にけしからんというわけではない。もうそんな人しか我々国民には残されていないという現実を受け止めなければならない。

さらには、「立派な人」もしくは「マシだった人」を後ろから銃で撃ち殺している可能性もあるだろうし、「立派なだけ」では生き残れない社会だと言ってもいい。

この現状が深刻だとすれば、「立派な人」は我々からは正当に評価されない可能性が高い。「立派な人」ほどまるっきり焦点が当てられないか、焦点が当たった場合は変人扱いされるか、どの思想体系に属するグループからも敵視されるといった現象が予想できる。

そう思えば、この社会全体の体たらくは不思議でもなんでもないことがわかる。むしろ当然の帰結だ。そういう観点で見渡すと我々は見当違いなほどの高望みをしていることに気づく。そしてこれはどうしようもないということもわかる。

唯一、政策的には教育分野に希望が託せると信じたいが、見たいものしか見ない我々がそのような判断を下せるのかは疑問だ。絶望的だろう。

残念なダークマター

今広がっているこの状況は、我々国民全体が持つ「残念なダークマター」とでも呼ぶべき負の性質に、政治家やマスコミが長い時間をかけてお互いが循環しながら相互作用した結果で、水が低い方へ流れるのと似ていて、どうすることも出来ない自然現象のようにみえる。

この連鎖は世代をかけてゆっくり引き継がれ、更により低い方へと重力に負けていく。エントロピーの概念にも似ていて、ポテンシャルの高い状態から低い方へとただただ不可逆的に流れていく。(※2)

流石にメディアや政治家が「国民が馬鹿だから今現状こうなってるんです(笑)」とは口が裂けても言えないので、このような論点が湧き上がらないのは仕方ない。言った人間から二度と再起できないくらいに袋叩きにされて社会的な死刑を喰らうのがオチだ。ただ誰も言わないからといって我々も調子に乗ってはいけない。謙虚に冷静に現在地を見つめる必要がある。

偉そうな反省と同情

自分でも驚くほど自分自身を脇において、随分と乱暴に国民全体を軽々しく蔑んだ内容になってしまった。しかし私は紛れもなく愚かな国民の一人だ。

そもそも頭が悪い。大した勉強もしてないので知識もない。知識をベースとした知の結合も起きないので新しい発想も浮かばない。記憶力も悪いので論理的な整合性も取れず合理的な取捨選択もできない。お菓子と睡眠を貪ってゲームをしているだけで何のコミットもしない。相当たちの悪い部類だ。

この文章にも表れているだろう。

おわりに – 世界の潮流

ここでは口汚く「愚かな国民」と書いてしまったが、もう少し柔らかく言うことも出来る。

「国民自らが犠牲となる政策を選択できるのか」という問題になる。今の日本の現状はそのステージにすら立てていないが、大きな括りで言えばその問題に内包される。

ギリシャの経済危機ではまさにそれが起きた。国民ぐるみの現実逃避をいつまでもやっていればああなってしまうというお手本だ。民主主義がもつジレンマとも言える。

これは世界の潮流と言っていい。一段飛ばしのような経済成長はもう起きず、「バラ色の未来なんてない」と誰もが理解し始めれば、現実としてどこかにしわ寄せがくる。

近年のヨーロッパ各国での極右政党の台頭やアメリカのポピュリズムもこの中で生まれてきた。多民族国家や移民の多い国では特に避けられない流れだろう。権益の分配をある程度の範囲に狭めてしまえば「犠牲」を他人に押し付けられるのだ。誰もが「せめて自分たちだけはバラの香りを嗅いでいたい」ということになる。

そういった意味で日本はやや事情が異なる。日本は他国に比べて圧倒的に同一民族で構成されているので、何かを排斥するという動機に転嫁しにくい。

それでも潜在的な排斥圧力は強くかかるので、生活保護の不正受給などには世の中の関心が非常に高い。とはいえヨーロッパのような極右政党の台頭やトランプ氏のような出現はこの国では起こりにくいだろう。排斥したところでごく少数の分断にとどまるため、大して浮く金はないからだ。

最悪なシナリオとしては、国民を分断するなにか新しいディビジョンが発明されたり発見されることだろう。具体的なラインは想像できないが、もしそうなったら住みにくい国になるのは間違いない。考えたくもない。一番有り得そうなのは世代間の分断だろうか。

従って日本では排斥よりも現実逃避が選択される。ギリシャ路線だ。ギリシャと日本では金融政策や財政状況にはかなり隔たりがあるが、国民や社会全体の態度はかなり似ていると言っていい。

やはり現状の大手報道各社の罪が重いのは紛れもない事実だろう。この際、政治家には罪はないのではないかとすら思えてくる。大手メディアに「本物のジャーナリズム精神と叡智があれば」と、つい無い物ねだりをしてしまうわけだが、それがないのは我々のせいだし、日本国民の「層の薄さ」というのはさんざん上で述べたことだ。我々国民は軽くても同罪以上であることを呼吸するたびに思い出す必要がある。

この文章が特定の個人、もしくは何らかの勢力や政党などを中傷しているように見えたり、逆に讃えたりしているように見えている場合は、残念なダークマターに他の人より重度に侵食されているかも知れない。

※1.もしかするとコミュニケーションが時間や地域を超えて瞬発的になりすぎると、理性は働かない方向に作用するのかもしれない。感情が最も高ぶるような言説が、必要以上に注目を集めてしまいすぎる。これは世界中で起こっていることも合致するだろう。

※2.ただ、この論調には注意も必要で、自分で言うのもおかしな話だが、この見方は人類特有のクセが多分に含まれているはずだ。何故か「昔のほうがマシだった」と太古の昔から人類は言い続けているからだ。単なる個人の知識の蓄積(徐々に社会を把握していくこと)と、社会の遷移とを混同してしまう面があるからだ。簡単にいえば「人類は昔から変わらず愚かで進歩しない」ということになる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を埋めてください *