「クイズダービー」の感想

近頃は「TBSチャンネル2」で再放送されている「クイズダービー」を録画しては見ている。リアルタイムでは視聴できなかった世代だが、不思議なくらい面白い。現在(2020年)やっているいくつかのクイズ番組をチラッと覗いた事はあるが、残念ながらそれらより見ごたえがある。

ここではwikiや書籍などで調べたことを交えながら感想を述べる。クイズダービーのファンになってしまい、本もいくつか買ってしまったのだ。

ネットや書籍の情報を漁るうちに、次第に大橋巨泉氏に興味が移ってしまい、本稿の表題は「クイズダービーと大橋巨泉」に改めたほうがいいくらいの内容になってしまった。


お化け番組だったクイズダービー

現在の番組と比べると番組のセットは古臭くアッサリとしていて「いかにも昔の番組」という作りだが、見始めるとそんなことは全く気にならなくなる。

クイズダービーのセット

※初回は1976年1月3日、最終回は1992年12月19日で、全862回放送。

16年間続いたこの番組は、最盛期の3年間は平均視聴率が30%、最高視聴率は40%という今では考えられないほどの人気番組だ。

時代背景が異なるので単に数字だけでは現代と比較できないが、化け物級の番組であることは間違いない。ならば今見ても面白いのは当然なのかもしれない。しかしこれほどまでとは。


クイズダービーのフォーマット

フォーマットは海外番組を大橋巨泉氏が丸パクリしたものらしい。ゲームとしてよく出来ている。解答の正誤に解答者が一喜一憂し、それらに持ち点を賭ける参加者の一喜一憂が上手く組み合わさっている。

クイズダービーのセット

ところがフォーマットが如何に優れていても番組は終わる。番組晩年は大橋氏が「仕事よりも遊び優先(セミリタイア)」ということで司会を降り、徳光和夫氏が司会に着くのだが、1年ほどで視聴率は低迷し番組も幕を引くことになる。

時代の流れもあっただろうが、いかにフォーマットが素晴らしくとも大橋氏の手腕なしでは成立し得なかったということだろう。

※番組との相性というものも当然あり、決して徳光氏そのものが無才であったわけではない。徳光氏もまた長寿番組はいくつも持っており、クイズダービーとの相性が悪かったという他ない。


大橋巨泉氏の印象

私がリアルタイムで知っている大橋氏は、政治家への転身の時期(2000年代)だ。

それまで何をやっていた人なのかは ”なんとなく” は分かっていたが、しっかり映像で見たこともないので、氏が司会者として第一線で活躍している当時の雰囲気などは知りようもない。

したがって彼への率直な印象は「突然政治家になると言い出した、偉そうで口うるさい知らないお爺さん」という認識だった。2016年に逝去されたニュースもほとんど印象に残っていない。

ところがこのクイズダービーを見て全てが逆転する。どれほど惜しい人を亡くしたのかと思い知らされると同時に、己の無関心さを呪うことになる。無知というのはいつでもこうだ。


司会のうまさ

大橋氏は今の司会者にないような特徴がいくつかある。

まずなんと言っても偉そうだ。タレントの下の名前で呼び捨てる。そして解答者をよく馬鹿にしている。時代背景もあるが結構下品でセクハラ的な発言も多い。そして自己中心的だ。

一方で、矛盾するのだが、通常時の言葉遣い自体はとても美しく丁寧だ。人を馬鹿にしているが不快感はない。下品なのだが品格のようなものがそこにはある。広い見識や知識と知性に裏打ちされた説得力があり、強い自負を感じる。

それらが混在しつつ、司会進行に緩急をつけて場を盛り上げている。

この緩急も巧みだ。解答者を馬鹿にするのも緩急をつける手法の一つなのだとわかる。解答者が正解を出すと、すかさずテンポを上げて、パッと声を張り上げる。このあたりが自然で、気づくと引き込まれている。さらには、大橋氏が楽しそうにしていると、こちらも楽しくなってしまうような「お茶目さ」まである。

偉そうなのにお茶目。下品なのに品格を感じる。低俗かと思えば博識で英語が堪能だ。臨場感溢れる会話のやり取りは、大橋氏が若い頃に培ったジャズ喫茶などでの司会経験からくるものだろう。このあたりが魅力の核心だろうか。

さらには構成作家の経験からくる企画力やバランス感覚。こういった総合力は現代では培われる場がないのかもしれない。テレビ黎明期の混沌とした時代を生きた人物だけが成し得る業なのだろうか。


収録時間・編集

30分番組だったクイズダービーの放送時間は約24分で、収録時間は25分から35分ほどだったようだ。生放送のような手際のためか非常にテンポよく進む。後任司会者の徳光氏はこの事にたいへん驚き、大橋氏の才能に愕然としたというエピソードが残っている。徳光氏は収録に1時間ほどかかったと証言している。

クイズダービーのセット

大橋氏が番組の締めとしてスタジオの中央で挨拶する場面があるが、回によっては時間に合わせるために慌てて走っている場面も多い。それほど「放送時間に同期させて制作されていた」ということがわかる。

編集で切ったり繋いだりもほとんどせず、テロップでの強調や誘導もない。観客の歓声の後入れなどもしていない。カメラワークも単調だ。それでいて今の番組と遜色はない。私の個人的な感覚だとこちらのほうが面白い。

CMを跨いで正解を発表したり、ゲストが驚いた瞬間CMに入るような演出がないのでストレスがないのも大きい。

面白さはどこからくるのか

番組冒頭で解答者の先週の成績や珍回答に触れるのもいい。今であれば先週のその場面のVTRを挟むのだろうがそういう説明的なことはない。当時はそういう発想がないのかもしれない。この良し悪しはわからないが、私からすると新鮮で疲れにくい。先週(放送分)を見ておけばよかったとすら思ってしまう。

※現代の番組は非常に親切にできている。少し目を離してもすぐ追いつくことができるような情報が常に補足されている。この構造には囚人のジレンマに似た物を感じている。

これについては別に述べたので「テレビはつまらなくなったのか」をどうぞ。

クイズダービーのセット
番組中盤でも今日の成績を振り返る。大したことはないのだが、大橋氏が解答者にあれこれ注文をつけたり褒めたりしている。それだけなのに面白い。不思議だ。

なぜこんなに面白いのかは正直よくわからない。同じ手法やコンセプトで今やったとしても上手く行かないというのは、徳光氏の事例でもわかる。若かりし出演陣、スタッフがあの時代にいたからこそ築けたものだろうし、何より大橋氏の持つエンターテイメント性に尽きるのだろう。才能という他ない。

つい「今ではこんな人はもういない」「昔は良かった」と述べたくなってしまうが、それは酷かもしれない。大橋氏は当時でも代役の効かない人物であったはずで、唯一無二の存在だったのならば、現代を一方的に嘆くのも少し可愛そうというものである。

形は違えど、時代を象徴するような司会者がまた現れてくることを願うしかない。もう既にいるのかもしれないが、それは後世が適切に判断してくれるのだろう。有吉弘行氏や中居正広氏などは後世で(もしかしたら現世で)評価されるのかもしれない。


解答者について

篠沢秀夫

篠沢秀夫氏は先頭打者として大変優秀である。後続に続く者を引き立てつつも自身も正誤に関わらずホームランが打てる。大橋氏との相性が良い。篠沢氏のような逸材をどうやったら見つけられるのだろうか。

井森美幸

この番組が化け物だとしたら、井森美幸氏も化け物だろう。30年以上前から現在(2020年執筆時点で51歳)においても、二十歳の頃と中身も見かけも役割まで同じだ。番組の中で大橋氏が井森氏をいたく気に入っているのがよく分かる。

まだレギュラーとなる前の井森氏がゲスト出演した回の次の回で、当時の2枠レギュラーだった山崎浩子氏に対して大橋氏がこんな事を言っている。「(井森には)かなわないだろ?19歳には戻れないんだよ(笑)」

恐らくこの時点で既にレギュラー交代は決まっていたのだろう。少なくとも大橋氏の腹づもりでは確定していたことのように感じる。2枠レギュラーはこの発言の二ヶ月後に井森氏に交代となった。

山崎浩子

井森氏の前の2枠だった山崎浩子氏も味があって良い。歴代の2枠では井森氏に次ぐ2番目に長い期間を務めている。どことなくとぼけた雰囲気は、はらたいら氏とやや被るのだがこれはこれで面白い。ただ、若さと元気に加えてぶっ飛んでいる井森氏はうってつけだったのだろう。

はらたいら

はらたいら氏の寡黙でありながらとぼけたような雰囲気は独特である。「はらたいらに3000点」などのフレーズが残っているように、氏はなくてはならないキャラクターとして扱われている。ただ、私のような部外者からすると「正答率が高い別のタレントと交換可能かもしれない」などとも頭をよぎる。しかし、何度か見ていると彼でなければならない気がしてくる不思議な存在だ。

竹下景子

竹下景子氏は女子大生の頃からの出演で、結婚・出産を経てもなお出場し続けた。「あの頃は若かったのにね」などと度々大橋氏にいじられている。長寿番組ならではのお約束と言ったところか。

当時は絶大な人気だったようで、その品の良さと知性に憧れるのもわかる。正答率の高い解答者だが、時に大橋氏にいじめられてくよくよする姿は、大橋氏とのテレビ的な相性が大変良かったことを示している気がする。


さいごに

昭和最終盤、バブルへ突入していくただ中、社会全体に漂う熱気と高揚感をこの番組から感じ取れる。誰もがどこか素直で、主人公で、未来は必ず明るいと信じているように見える。それらが醸し出す余裕とおおらかさを感じる。解答者、出演者から否が応でもピシピシと伝わってくる。すこし幻想を抱きすぎただろうか。

大橋氏はそんな時代をうまく仕切っている。戦争を体験し、テレビ揺籃期からの活躍を経て、寵児となった大橋氏のバランス感覚がこの番組にうまくマッチしている。当時の日本の良い側面だけが抽出されているのではないか。

更には、この番組に夢中になった当時のテレビの前の人々や、家族や子どもたちの思いまで伝わってくるような、そんなありえない妙な錯覚まで引き起こされる。

眩しいほどに輝かしい時代に見えてしまうが、何事にも表と裏があるのも確かだ。当時にも負の側面はたくさんあるだろう。だったとしてもやはりどこか羨ましい。

私が生きているこの時代が、後世から羨ましく思われる時は来ないかもしれない。そう思うと少々寂しい。経済は失速し続けて「失われた30年」と呼ばれ、地震や津波による自然災害、そして疫病。

インフラやシステムとして安心安全・利便性はますます確保されていくのだが、どこか余裕がなく、誰もが先行きの不安を抱えているような、中々に重苦しい時代となってしまった。

利便性の奴隷となった結果、私は今こうしてクイズダービーが見れるのだから皮肉なものだ。ただただこんなに面白い番組を見られることに感謝するしかない。

番組に関わった全ての方々にありがとう。そしてさようなら。

クイズダービーのセット

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を埋めてください *