シン・ゴジラの感想:楽しめた理由は宮﨑駿が声優を排し庵野秀明に至った理由と同じかもしれない

主題:シン・ゴジラは俳優の演技の下手さが目立たない

海外ドラマと日本のドラマ

私は日本のドラマや映画を見るのに苦痛と感じることが多く、海外のドラマや映画にはそれが少ない。「抵抗がない」といったほうが良いかもしれない。それは欧米賛美とかそういった類のものではなく、単純に海外モノ(字幕)だと演技の下手さやアラに気づきにくいからという点に尽きる。

私の英語力は中学生に毛の生えた程度くらいだし、ヒアリングも出来ない。この体たらくのお陰で向こうの役者の演技に疑問符がつきにくくフィクションの世界に抵抗なく没入しやすい。

文化も違うことは知っているので、多少の演技の違和感なども「文化の違いかもしれない」と流すことが可能だったりする。特にセリフや表情のオーバーアクションについては「そういう文化だろう」とこちらが飲み込める土壌がすでにある。従って雑念に惑わされることなく純粋に物語そのものに集中することが出来てしまう。

では日本のドラマや映画の場合はどうかというと、当然ながら殆どが日本人の役者となるため、自分の慣れ親しんだ母国語で喋るし文化もほぼ共通だろうということになる。すると急にアラや演技の下手さが目立ってくる。

「演技の下手さ」と言ってしまっていいものなのかは自分でもよくわからない。むしろ演技はうまいのかもしれない。というのも大抵の場合、感情表現が豊かすぎる場合が多いからである。流石に「わざとらしい」ほどの大根役者は少ないわけだが、どうしても皆微妙にオーバーな演技になっていることが多い。セリフはもちろんだが特に視線の動きでわかりやすい演技を付けてしまいがちだ。

実際のリアルな日本人の感情表現とは

実際の殆どの普通の日本人は顔の表情や目の動きは抑制的である。身振りもかなり控えめであるし、言葉にも抑揚をあまりつけない民族で、もともと感情表現が苦手な人々で構成されている国なのだ。そのベースには「自分の感情を秘匿することが賞賛・美化される」という文化があり、特に成人男性の表現力はかなり乏しい。

従って普段目にする光景として、いちいち心の機微をわかりやすく表に出したりする日本人は少ない。しかしドラマや映画となると「ここはこう考えている」「ここで思いが変化した」などという一つ一つの内面を、すべて表情や身振りやセリフの抑揚で変化をつけたりしてしまう。

また制作側もリアリティ追求と言うよりは、脚本の展開を明確にするために「わかりやすさ」を優先する演技を必要とする面も大きいのだと思われる。アニメや舞台ならそれでも良いのかもしれないが実写モノではどうしても過剰な演技に映ってしまう。※1

※1:「なぜ私は日本の実写ドラマなどをアニメや舞台などと同様な目線で見慣れないのか」という問題もある。実写ドラマ、実写映画だけについてことさらにリアリティを追求してしまうのか。「そういうものである」という割り切りがなぜ出来ないのか。

しかし演技がオーバーだからといって、リアルな日本人のように動きも抑揚もなく、表情も「何を考えてるのかわかりにくい」といった演技をやると、よほどの実力者でない限り「棒読み」だとか「なんの感情もこもっていない大根役者」とされてしまうだろうこともわかる。

そうなってくると特別に実力がある役者以外は、どこかオーバーな演技にならざるを得ず、リアリティのない微妙に感情表現が豊か過ぎるずれた人物像でやり続けるしかない。そしてテレビドラマなどではそれがスタンダードな水準になってしまっている。

フィクションを見ているのに「実際そんな喋り方する人いないよね」というリアリティのなさに残念がっても仕方がないのかも知れないが、私にとって諦めきれないのか違和感として浮き彫りになってしまう。

逆に感情があふれるシーンは大して違和感を感じない事が多い。このくらいの感情の発現に至っても「おかしくないな」とわかる場面では、役者の演技力をいかんなく発揮してもらって結構なのだ。

このことから、肩の力の抜けた普段着状態の日本人の様を大抵の役者はうまく演技できないということが何となくわかる。もしくは脚本の都合上どうしてもアイコンとしてわかりやすい演技を常に要求されてしまっているとも言える。

アニメの世界では

アニメなどの声優や日本語吹き替えの場合は極端にわかりやすい抑揚をつけながらも、ある一定のフォーマットに従っていれば我々は違和感を感じないように、小さい頃からある種の訓練を受けているためあれで成り立っている。慣れてしまっているため自然に聞こえているが、声優のセリフは非常に感情豊かで普通の人の話し方とはだいぶ違う。

飛躍しすぎかもしれないが昔の「車掌のアナウンス」に近いものがある。独特な抑揚や発音や声色でいわば演技している状態だ。ただ既知のフォーマット(型)に乗っていることで演者自体も楽であり役割を明確にできる。そして我々も「そういうものだ」と訓練されている。

しかし実写モノは訓練されようがない側面がある。実写の比較対象は当然現実の我々の日常や風景であり、それは無表情で抑揚に乏しい「生きた日本人」とならざるを得ないからだ。ここに日本の実写モノの難しさがある気がする。日本人が表情豊かな国民であれば演技の難易度ももう少し低かったはずだ。

宮﨑駿氏が自身のアニメ作品で声優を使わない傾向が出たのは似たような理由だと思っている。普段の会話などで声優のような抑揚や演技でしゃべる日本人なんか殆どいないからだ。

普通に生きている人間のリアリティをどうにかして作品に持ち込みたいと思えば、一般的な声優では無理だろうということはすぐに分かる。声優はどうしても特殊なフォーマットにしたがって演技をする。というかそのフォーマットこそが声優たる所以なので、それを「やめろ」というのも無理な話なのである。

そこから声優よりは俳優のほうがマシだろうという考えで声優以外からキャストを選定していったのではないか。最終的には庵野秀明氏を起用したりしているのもリアルな「生きた日本人」を表現するためだったのではないか。庵野氏を起用する前からも糸井重里氏などを起用しているが同様の理由のはずである。

演技をする暇のないシン・ゴジラ

シン・ゴジラではオーバーな演技が非常に少ない。特別な場面を除いて、実際の日本人のように会話に抑揚がなかったり、顔の表情も変化があまりない。

これは演出方針のおかげだろう。そもそも感情がのりにくいセリフが多く、大体早口である。さらには長回しやタメを作ったシーンが少ない。個人の悲しみや喜びを表現する脚本でもない。顔の表情などでわかりやすく視聴者にキャラクターの心理を訴える必要もない。簡単にいえばこの作品は「演技をする必要が無い」「演技する暇がない」作品と言える。

この点でシン・ゴジラは日本の実写モノとしては高水準でストレスなく視聴可能となっている。またそのおかげで、普段我々が目にしている日本人と同じ無表情で抑揚に乏しい話し方に近いため「実際起きた場合もこうかもしれない」というリアリティを補強している。「それっぽい」とでも言えば良いのだろうか。

ただ一人だけ例外がいる。石原さとみ氏だ。細かい作品上の経歴は忘れてしまったが彼女は日本語と英語のどちらも流暢にしゃべる設定の人物で、恐らくアメリカで長い間育っている。従って欧米流のオーバーアクションで身振りも表情もセリフも言わなければならない。

日本人俳優の演技が基本的にオーバーではあるが、欧米ほどに近いかというとこれまた全然程遠いわけで、石原氏としては自分の持ちえていない文化の方向へ、演技の針を振り切らなければならないという難しさがある。そして当然うまくいっていない。文化が違いすぎる。

彼女だけ異常に高難易度キャラクターになっているため「頑張ったなあ」という妙な上から目線の感覚にはなったが、やはり惜しい。ただそれは石原さとみ氏のせいではない。設定上炙りだされてしまった被害者・犠牲者といってもいい。基本的には誰がやってもああなるはずだからだ。それこそ声優がやったほうがよっぽど納まる可能性があったかもしれない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を埋めてください *