サッカーのシミュレーション行為について

シミュレーション行為

サッカーのルールというべきかレギュレーションで気になる点があるのでメモ。目次としては下記になる。

  • 審判の時計
  • 審判への抗議
  • プレー開始位置
  • シミュレーション

本記事では「プレー開始位置」「シミュレーション」について述べる。

まず「プレー開始位置」について。これは非常に細かい話である。私は神経質か潔癖症かと突っ込みたくなる面もあるにはあるが、感じたままなので仕方ないのである。

フリーキックやスローインの開始位置はもう少し厳格に定めていいはずである。ゲームの内容にさほど大きくかかわらないからといって、フリーキックの開始位置(※1)を勝手に前後左右に移動してから蹴る行為は、蹴り直しか何らかのペナルティを課すべきであろう。面倒だから、もしくはリスタートを早くしたいからという理由で勝手な位置からの開始も認めてはならない。スローインも同様である。スローインの場合は、投げる相手を探しているうちに、かなりの距離を有利な方向に移動しているのはお約束である。

※1:近年はボール位置をマークするような大会も増えてきた。

これらは、得点が非常に入りにくい競技であることで、人の持つ柔軟な感覚によって特段問題視されず常態化しているが、審判を欺いたり、「これくらいなら許される」といった精神の準備段階であり是正すべきだろう。要するに下品な言葉で言えば「審判やルールそのものを舐めている」節がある。ファウルやシミュレーション行為、ひいては危険行為などの温床になっていると捉えたほうがいい。

したがって、審判の定めた所定位置から確実に開始すべきである。これにより審判の負担が増大し、円滑な試合進行が行えないのであれば、フィールド内の審判を増やすことを検討すべきである。個人的には副審(線審)がもっとでしゃばっていいと考えている。そもそもサッカーは審判の数が少なすぎるので増やす方向なら歓迎すべきことである。特にフィールド内の審判は増やしたほうがいいだろう。

次に「シミュレーション」について。

シミュレーション行為は他のスポーツと比べるとやや異質でよく槍玉に上がる行為だ(※2)。しかし、ボディコンタクトのある競技のうち「倒したほうが悪い」とするスポーツでは仕方のない側面でもある。NBAではフロッピングと呼ばれ、同様に問題視されている。

※2:野球で言えば当たっていないのにデッドボールだと主張するのに似ている。

審判を欺ける可能性が存在し、さらにそれによってゲームの勝敗に関わる優位を得られるのであれば、プレーヤーは状況に応じてトライするだろう。ただ、非スポーツマンシップ的行為の代表格であり許されるべきではないのは間違いない。

これを根絶するには「欺けない」ということをプレーヤーに明示する必要がある。明示ができさえすれば、たとえ根絶は無理でも減少はするだろう。

明示となるとビデオ判定以外に手段はないが、流れが重要であったり、再開始後に中断前の再現性が取れないスポーツ(※3)では、試合中にビデオ確認するのが難しいかもしれない。

※3:野球は再現性が高いスポーツである。中断後に判定が変わっても「ホームランではなく二塁打とし、ランナー2,3塁で試合再開する」などという”みなし”が可能である。アメフトの再現性はサッカー並に低いが「フラッグ」システムで見事に解決している。しかしこれは常に細切れのように時計が止まる競技だから採用可能な方式かもしれない。サッカーのようにインプレーが長い間続く可能性のある競技では採用は難しいか、もっと別の工夫が必要だろう。

したがって試合内でのジャッジとは独立してシミュレーションを裁くのが良いだろう。(※4)

※4:もちろん、リアルタイムでビデオ検証し円滑に試合進行ができる運用やシステムが築けるのであればこの限りではない。

試合後にビデオをチェックし、シミュレーションがあれば別途ペナルティーを課せば良い。運用面やコスト面は負担が大きいが、方法としては簡潔で確実に対処可能である。この制度であれば、シミュレーションが発生してもその時々でフェアに解決できる。「やったもん勝ち」が蔓延することが一番良くない。

ペナルティーは数試合の出場停止措置を執るのが効果的であろう。また、シミュレーションによって得たペナルティーキックは無効として試合の得点を再計算し、勝点などの計算も大会レギュレーションに即した形で再計算すべきと考える。恐らくこれで演劇のような転倒は減る。繰り返しになるが、根絶できなくともシミュレーション行為に対してフェアに罰則が課せられる点が肝要である。

少しの反省。

別の記事「サッカーの審判の時計」と合わせてこれらの措置が採用されると、サッカーはよりフェアになると思われるが、何か「綺麗すぎる」という気もしなくはない。やはりアンフェアであろうが審判を騙そうがどこか「人間臭さ」が消えることに心理的な抵抗があるということかもしれない。もしくは、憤りや嘆きも含めてのエンターテイメントとして捉えるべきなのだろうか。「神の手」と言われたマラドーナのグーパンによるゴールが語り継がれているように。

MLBではチャレンジ制度により、監督が審判へ激怒しながら猛烈に講義するシーンは皆無になった。技術的な進歩によって公平さが担保されたため、ある種のエンターテイメント性は一部消去されたと捉えていいだろう。しかしチャレンジ制度を廃止するべきと言った風潮にはならないはずだ。人は定められたルールの中でフェアに試合をしているのを見るほうが心地よいからだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を埋めてください *