サッカーの審判の時計

アディショナルタイム

サッカーのルールというべきかレギュレーションで気になる点があるのでメモ。目次としては下記になる。

本記事では「審判の時計」について述べる。

この時計が曖昧なために、プレー以外での揉め事や、味の悪い瞬間を生み出しているので、出来れば自然に解消したい。そのためには「審判の時計を常に掲示せよ」という一点に尽きる。これだけでかなりの非スポーツマンシップ的行為が防げるはずだが、なぜ行われないのかは結構不思議な部類である。

味の悪い瞬間の例として一番わかりやすいのは、試合終了間際になるとゴールキックが中々行われないというのがある。勝っている側は時間が稼げるということになるが、あまりに稼ぐと警告となる。

このイエローカードが出る閾値も状況で変化するのもあまりよろしくない。試合序盤のほうが長々と時間を割いてゴールキックしてたりする場合もあるが、その場合カードが出ることはない。閾値のことは「審判への抗議」でメインの話題となる。

これらの遅延行為はスローインやフリーキックでも起こる上に、仮病的に倒れこむ場合や、残り時間がないところでわざわざ選手交代を行い、のろのろピッチを去るなどと様々に行われる。審判もそれなりに対応しているはずだろうから実際の効果は別として、とりあえずなんでもいいから時間を消費しておきたいという心理が働くのは止むを得ないだろう。ましてや1勝で世界や人生が変わってしまうほどの大舞台なら尚更だ。

上記のような行為や心理状況を、「サッカーの文化や試合の一部として楽しむことが出来るか」と問われると、私はあまり楽しめない。「昔はこんな遅延行為があったんだよね」と笑って振り返ることは可能かもしれないが、少なくとも次や未来に観戦する試合で上記のようなシーンは望んでいない。

冒頭で述べたように、これらの遅延行為を自然に抑制するためには、「審判の時計」を常に掲示・公開し、アウトオブプレーになった瞬間に逐次止めることとすべきである。インプレーの瞬間に時計を再開すればよい。この改定によって時計は審判(主審)のものではなくなる。主審は時計の操作から開放され、第nの審判が常に時計を管理すれば良い。もちろん負担でないなら主審が引き続きやっても良い。

リーグや大会レギュレーションで遅延行為について「何をどれくらいアディショナルタイムに加算するか」は恐らく決まっているだろうが、時計の進行を主審のみに秘匿しておく理由はない。時計が公開されているだけで、無用な疑心暗鬼や足の引っ張り合いに近い盤外戦術は姿を消すはずだ。

これで誰がピッチに倒れこんでもブーイングも起きない。敵味方問わず、倒れた選手に重大な怪我などがないかを素直に心配すればよろしい。必ず時計は止まっているのだから必要な処置や治療をすれば良いだけになる。残り時間0分で選手交代する必要もない。恐らく殆どの遅延行為はなくなる。時計が掲示されていれば、その行為に意味が無いのが明確にわかるのだから誰もしない。この明快さが肝心だ。

相手をイライラさせるためだけにプレーを開始しないという選択肢を消すことはできないかもしれない。かなり最低な行為なので実際起きるかはわからないが、念の為に別途制限時間を設けておくべきだろう。当然この制限時間も掲示するべきである。

NFLの「Delay Of Game」用の時計や、NBAの「Shot clock」など試合時間とは別に幾つかの時間を計時するのは珍しくない。MLBは試合自体に時間制限はないが、今年(2015)からイニング間の時間を計時するようになっており、規定時間をオーバーしてはならないと定められた。当然いずれも違反すると罰則が設けられている。

アディショナルタイムも明確になる。止まった分を加算すればよい。いわゆる「ふざロス」などもなくなるし、前もって試合終了のタイミングが誰の目にも明らかとなる。サッカーでもブザービーター的な行動が見られることになるだろう。

個人的には現在の審判が行っている(ようにみえる)、なんとなくボールが中立になった「よきところ」で笛が鳴るシステムも、人間味があって結構好きではあるが、それはそれぞれの国内リーグなどに限ってのことだろう。国際大会などでは人間味に溢れすぎてしまってデメリットが大きいように思う。

以下は他のスポーツに関する余談と少々の反省になる。

この改定によって時間の面で見違えるほどフェアになるが、アメスポ特有の強烈な平等主義や合理主義に私が毒されているから改定すべきと感じるのかもしれない。この文章内でも引き合いに出しているのが、NFLやNBA、MLBという有様なので、視点が偏っている可能性が高い。

反論があるとすれば「サッカーらしさが消える」「人間味が失われる」「伝統が損なわれる」等々の、言葉にするのが少々難しい「人間臭さ」が消えてしまう戸惑いみたいなものがあるかもしれない。これは他の競技でもビデオ機器やセンサー、コンピューター技術の向上によって時代とともに常にせめぎあいが起きている。

思いつくせめぎあいの例は、野球のストライク/ボールの判定を「センサーでやったほうがいいのではないか」などだろう。これに関しては野球の持つ魅力の一部が削ぎ落ちてしまうのではないかという、本能的な感覚が確かにある。慣れ親しんだ職業や人がコンピューター等に置き換わるというのは、人間のもつ生存本能に訴えかけるものがあるかもしれない。

本件の「審判の時計」では、何かに置き換わるわけではないので心理的抵抗も比較的少ないように思う。

技術の進歩とスポーツの伝統がせめぎあって、一番劇的に変わった、というか潔かったのはフェンシングではないだろうか。何しろ西洋の伝統的な決闘が、いきなり電気信号によって判定される事になったというのは革命的だったはずだ。

当初凄まじい抵抗があったであろうことは容易に想像できる。ただ、本当ならば一瞬の突き合いで文字通り生死を分けるはずの競技としては、誤審や不正なども絶対に許しがたいものだったのだろう。1936年というかなり早い段階で判定から人間の判断を排除した。

日本で言えば相撲から行司が消えるようなものである。ただ、その大相撲も1969年に既にビデオ判定を導入しているというのはなにか示唆的ではある。NFLがビデオ判定に取り組む1986年の遥か17年も前と言うのは少々驚くべき事実である。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を埋めてください *