生意気にも高い寿司屋とホテルを連打した記録 – その3

生意気にも高い寿司屋とホテルを連打した記録 – その3

ザ・リッツ・カールトン 東京 – ミレニアスイート 80㎡ 六本木で50階の部屋ということもあり文句なしに眺望は今までで一番。その他のどのグレードの部屋もすべて45階以上なのでハズレ無しなのも嬉しいところ。ペニンシュラのようにグレードの低い部屋で残念な景色となってしまうような不安もない...

記事を読む

花が苦手という話とスケートリンクの魚

花が苦手という話とスケートリンクの魚

花は生々しすぎて少し苦手だ。どうしても「必死に命を咲かせている」という印象が頭をよぎる。一般的なイメージと思われる「きれい」「かわいい」なども当然理解できるが、同時に生き物としての生々しさが強調されて見えてしまう。 野に咲いている花は生々しいもののそこまで苦手ではないかもしれない。それも遠目な...

記事を読む

合理的で予測可能な社会を望む非合理的なヒト

合理的で予測可能な社会を望む非合理的なヒト

近年の事件や事故の報道などをみると「なぜ防げなかったのか」という問題意識が非常に高いことが窺える。この傾向は、予測と予防が当然可能な社会であるということが議論の前提になっていて、非合理性や理不尽な振る舞いに対してのアレルギー反応と言えるだろう。「法令遵守」や「刑法の厳罰化」の傾向も同じ種類だと考える...

記事を読む

NO IMAGE

生意気にも高いホテルを連打した記録 – その2

コンラッド東京 - コーナーベイビュースイート 85㎡ リビングの広さを持て余す。コンラッドの眺望の良さはやはり素晴らしい。バーは相変わらず落ち着ける場所で良い。ゆったりとした雰囲気と天井の高い空間のお陰でリラックスできる。コンラッドについては以前書いた感想と同じ印象。全ての点...

記事を読む

シン・ゴジラの感想と宮﨑駿が庵野秀明に至った理由

シン・ゴジラの感想と宮﨑駿が庵野秀明に至った理由

主題:シン・ゴジラは俳優の演技の下手さが目立たない 海外ドラマと日本のドラマ 私は日本のドラマや映画を見るのに苦痛と感じることが多く、海外のドラマや映画にはそれが少ない。「抵抗がない」といったほうが良いかもしれない。それは欧米賛美、礼賛とかそういった類のものではなく、単純に海外モノ(字幕...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7