ガールズ&パンツァー劇場版の感想

まえがき

各所で話題となっていたので、まずAmazonプレミアムでTVシリーズ全話とOVA(アンツィオ戦)を一気に視聴。予備知識ゼロでの全くの初見だったがあっと言う間に引きこまれて「なるほどこれは良いものだ」となり、その翌日に即映画を見に行くことに。その後TVシリーズなどを数周して劇場版をまた見にいった。

劇場版の方は面白いか面白くないかの二者択一で言えば当然「ガルパンはいいぞ」となる。ただ私が勝手に残念がっている部分がある。「そういう人もいるんだ」というくらいの温度で見ていただければありがたい。

3回見た

劇場版1回目の視聴時は、面白く楽しかったが、私が勝手に期待していた方向とは違ったのか、若干肩透かしを喰らった印象だった。2回目は「もう一度見れば手放しで絶賛されている意見に自分も賛同できるのでは」という期待を持ちつつもやはり叶わず、3回目は「見落としなどがないかな」という思いで若干作業的に鑑賞。確かに情報量は多いので複数回見たいなとは思わせるものだったが、TVシリーズとOVAの出来には及ばずといったところ。一方で「面白かった」というのも正直な感想となる。

良かったところと惜しいなと思った部分

まずは良かったところ。後半の一連の戦車戦は流石。早くて理解が追いついていない部分があるが、細かな点はBDの発売を待ちたい。そして言うまでもなくラストの2対1の戦闘シーンは圧巻。TVやOVAの各名シーンに引けをとらない迫力ある映像とカットの連続だ。欲を言えば島田愛里寿が「クマの乗り物」に気を取られる演出は、別の人物による捨て身の作戦や乱入などにしたほうが物語としての深みが増したのではないか。当然そのシーンはあったままでもいいが、後述(下記の代替案)するような展開と同居させることもできるので惜しいなと感じた。

また、OVAのカエサルとカルパッチョのような敵対チームとの戦車内部の描写も含めた戦闘シーンも欲しかったところ。というのも相対する戦闘シーンは多いが、大学選抜チーム側の人物描写をほぼしていないので、TVシリーズなどでは上手くはまっていたスポーツ漫画のような熱い展開に持っていけていない印象。とは言え大学選抜チーム側の人物描写は時間的に難しいので仕方ないだろうという理解になる。大隊長である島田愛里寿がそもそも12,3歳の天才という設定なので人物像の深みを出しにくかった。ボコにのみ動機や焦点がフォーカスされているのでこちらも仕方ないと言えば仕方ない。

「クマの乗り物」に気を取られる演出の代替案

「クマの乗り物に気を取られる」の代替演出候補としてはカチューシャ、逸見エリカあたりが戦闘中に入ってくるのがわかりやすい。劇中でも30両中でカチューシャ、エリカ車は最後まで残っている数少ない車両となる。制作陣からも寵愛されているキャラクターだ。大詰めで大学選抜チームの副官をどうにか1両撃破する見せ場を作っており、活躍の場を与えたかった人物だったのは間違いない。しかしそれでも個人的にはどこか物足りない感じがした。

本編のシナリオの展開とはだいぶ異なるが、大学選抜チーム側の人物像の掘り下げができていたなら、味方大学選抜チームの誰かが勢い余ってペパロニ的に「足を引っ張る」や、何らかの理由で勝利に執着できない瞬間が発生するなどいくらか方法があった気がしている。

代替案:カチューシャプランの場合

ノンナはカチューシャに「必要な人だ」といい、その他の生徒もみなカチューシャを守るために戦場で散っていく。したがってカチューシャがプラウダ校で唯一残るというシナリオが最後の場面で活かしやすかった筈だ。従って、最後の場面に割って入っていける流れがあればさらに面白かったのではと素人ながら思ってしまった。尺も中盤それなりに使って描写していたので尚のこと話を組み立てやすい人物のはず。ともすれば幼児的な面が目立つカチューシャだが、プラウダ校の隊長を務めているという片鱗を魅せつけ、放漫な側面を覆し自己犠牲的な一面をちらつかせて涙をさそうようなチャンスでもあったように思う。「この私がやられるわけないのよ」と。もしくは放漫さを全面に押し出したまま、自信満々で少しドジるも結果的に功を奏すというシナリオでもいけるという便利なキャラだ。この後者の場合はギャグ要素として泣き笑い的に挿入できたかもしれない。

代替案:逸見エリカプランの場合

西住みほとの黒森峰時代からであろう確執をひっくり返すというある意味お約束のカタルシスはシナリオとしてもっと劇中で積極的に利用すべきだった。エリカが勝手にライバル視しているみほへの複雑な心境をとりあえずは忘れて、もしくは戦闘の中で「これが西住みほの凄さなのか」という軍神の片鱗に触れて「みほのような才能はないが自分にできることは何か」といったエリカなりの葛藤や清算を経て、勝利に貢献するというストーリーは物語の厚みをもたせてくれるはず。TVシリーズの蓄積があるのでそんなに大きな前振りも必要がない点も都合が良さそうだ。さらに西住まほへの強烈な忠誠心と合わさると、劇中で大きなインパクトをもってクライマックスを構築できただろう。「まほを助けたいが助けるためには自ら身を挺して、あまり認めたくないみほを援護しながら犠牲になるしかない」ともなれば面白かったのでは。「勘違いしないでよね。隊長(まほ)を助けたかっただけだから」のようなアニメ的テンプレートも持ってきやすいし、そこにまほからの感謝の言葉が得られれば視聴者の心はより動くものになったように思う。TVシリーズ最終話で間に合わなかったエリカが今回は間に合ったという流れは誰もがわかりやすいものになり得ただろう。主役を喰ってしまう可能性もあるがクライマックスとしては盛り過ぎでもいいくらいだろう。

良くなかったところ

前半のエキシビジョンマッチが冗長だった。もう少し言うとエキシビジョンマッチ自体はいいが、後半への伏線や、もう一段深く人物描写を交えても良かったはずだ。もちろん新キャラの説明パートとして、優勝後の後日談として、ダージリン様成分の補給としては役割を果たしている。しかし尺が「もったいないな」という思いの方が強い。様々な事情で大洗の街を壊す必要があっただろう。それはそれでよかったが、このパートを後半で上手く活用できた部分はあまり無かった。

この前半と後半の引っかかり具合が弱いために、出来事はめまぐるしく展開しつつも、人物の成長や心の機微を上手く散りばめることができなかった。消化不良というか、消化すべきものがない状況になってしまった。皮肉っぽくなるが、殲滅戦の車両の消化が中心になってしまったとも言える。加えて中盤の非戦闘パートも後半への布石としてはあまり効いていない。疎開先の大洗チームの描写が後半の戦闘パートとあまり結びつきがない。風紀委員とアリクイさんチームはわかりやすい展開をしたが、コミカルパート止まりで物語のキーには成り得ておらず厚みのあるシナリオにはなっていない。またサンダースが戦車を預かるくだりでは戦車が一瞬で戻ってくるので、物語の起伏として下げて上げる展開として構成的にも微妙。このあたりも練りこまれていない印象を受けた。

全体としての感想

ひとくくりでこの映画を言うなれば「ご褒美回」という感じだ。根っからのファンや急造のにわかファンである私も含めて、お祭り騒ぎしてドンパチやってくれるだけで一定の満足感は得られる。それほど各キャラクターが映画の前段階でこれでもかというほど既に立っているし、派手さを重視してはいるが戦車戦はやはり素直に面白い。とくにTVシリーズをリアルタイムで見ていた人々にとっては、彼女たちが、戦車たちが「帰ってきた」という感慨もひとしおとなる。

当然成長物語や人物の掘り下げを映画としてやるには難しい面も多かったのかもしれない。まず何しろ登場人物の人数が多いので掘り下げ方や対象を慎重にしないと話の焦点がぼやける可能性がある。ただ上でも少し述べたが、OVAで初出の敵チームキャラクターと味方チームキャラクターの個人(カルパッチョ&カエサル)についてうまく掘り下げをやっているので、映画でも出来たのではと思う部分も。もしかしたら映画という媒体ゆえに最重要キャラ以外に焦点を当てにくかったかもしれないが、主人公姉妹以外にももうちょっと掘り下げが欲しかった。

手軽な人物描写の掘り下げ方としては戦車技術の練度向上になるが、TVシリーズとは違い、すでにアリクイさんチーム以外は戦車初心者ではなくなっている。練度や精神面でも一定水準に達してしまっており、わかりやすい成長の余地はあまり残されていない。この点がこの映画をやや難しくしている。

あとがき

逆に言えばTVシリーズとOVAの人物描写が際立っていた。各人物、各チームごとに成長を描き切ったという凄さは感心するところだ。そのため余計に映画に対する期待値が上がっているため、私の望みとは方向性がやや異なっていたように思う。そこは仕方がない。私の望む方向性のほうが異なっていたと言うべきなのだろう。

劇場版のBDが発売されて見返した時に、満たされることがあるかもしれないと楽しみに発売を待っている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を埋めてください *